福井大学 規程集(公開用)

トップページに戻る
最上位 > 第4編 人事 > 第3章 その他 > 第4節 研究者・研究員及び研修員等
福井大学受託研究員規程
平成16年4月1日
福大規程第89号
(趣旨)
第1条 この規程は,福井大学(以下「本学」という。)における受託研究員の取扱いについて必要な事項を定めるものとする。
(定義)
第2条 この規程において「受託研究員」(以下「研究員」という。)とは,外部機関の現職技術者及び研究者(以下「現職技術者等」という。)であって,本学大学院において研究の指導を受ける者をいう。
(資格)
第3条 研究員として受け入れることができる者は,現職技術者等であって,学校教育法(昭和22年法律第26号)第102条本文で定める大学院に入学できる者又は本学がこれらに準ずる学力があると認めた者とする。
(申請、許可)
第4条 研究員を委託しようとする外部機関の長は,所定の委託申請書(別紙様式)に当該研究員の履歴書,健康診断書及び推薦書を添えて,委託を希望する研究科長に願い出るものとする。
2 前項の願い出があったときは,本学の教育及び研究に支障のない限り,当該研究科委員会等の議を経て,研究科長が受入れを許可するものとする。
(受入れの時期)
第5条 研究員を受け入れる時期は,学期の始めとする。ただし,特別の事情があるときは,この限りでない。
(研究期間)
第6条 研究員の研究期間は,1年以内とする。ただし,受入れを許可された日の属する会計年度を超えることができない。
2 前項の規定にかかわらず,研究の継続の必要があると認めるときは,翌年度に限りこれを更新することができる。
(研究料)
第7条 研究員の研究料は,学長が別に定める額とする。
2 研究料を納入しないときは,受入れの許可を取り消すことがある。
3 既納の研究料は,返付しない。
(研究指導)
第8条 研究員は,当該研究科において定めた指導教員の指導を受けるものとする。
(研究の中止)
第9条 研究員が病気又はその他の理由によって研究の見込がないと認められるときは,研究科長の申出により,学長は研究の中止を命ずることがある。
(証明書の交付)
第10条 研究終了後本人から願い出があったときは,研究科長は研究事項について証明書を交付することができる。
(雑則)
第11条 この規程に定めるもののほか,この規程の実施に関し必要な事項は,別に定める。
 
附 則
この規程は,平成16年4月1日から施行する。
附 則(平成20年3月31日福大規程第20号)
この規程は,平成20年3月31日から施行し,改正後の規定は,平成19年12月26日から適用する。