福井大学 規程集(公開用)

トップページに戻る
最上位 > 第2編 管理運営 > 第2章 役員等
国立大学法人福井大学学長選考規則実施細則
平成17年2月22日
学長選考会議決定
(趣旨)
第1条 この細則は,国立大学法人福井大学学長選考規則(以下「規則」という。)第23条の規定により国立大学法人福井大学の学長の選考に関し必要な事項を定めるものとする。
(管理委員会の組織等)
第2条 規則第5条の管理委員会は,投票資格者のうちから各学部において選出された者各2人をもって組織する。
2 前項の委員が,学長候補者に推薦され,かつ,学長候補者となることの意思を有するときは,委員の職を退くものとする。
3 管理委員会に委員長及び副委員長を置き,委員の互選により選出する。
4 委員長は,委員会の会務を掌理し,会議の議長となる。
5 副委員長は,委員長を補佐し,委員長に事故があるときは,その職務を代行する。
6 委員会は,委員の3分の2以上の出席がなければ開催することができない。
7 委員会の議事は,出席した委員の過半数をもって決し,可否同数のときは,議長の決するところによる。
8 前各項に定めるもののほか,委員会の運営については委員会が定める。
(資質・能力)
第3条 規則第4条第1項に定める「福井大学の学長に求められる資質・能力」を定め,又は変更したときは,別記様式第1号により公表する。
(学長選考の公示)
第4条 規則第6条の公示の内容は,学長選考を行う理由及び選考日程その他必要な事項とし,別記様式第2号のとおりとする。
2 学長候補者の推薦受付及び,学長選考会議が必要に応じて実施する場合の学内の意向聴取の場所(以下「投票所」という。)は,文京キャンパス及び松岡キャンパスにそれぞれ設置する。
3 前項の投票所ごとに投票管理責任者を各々1人置き,管理委員会委員をもって充てる。
4 管理委員会は,前項の投票管理責任者を補佐するために必要と認めるときは,投票管理補助者を若干名置くことができるものとする。
(投票資格者名簿)
第5条 管理委員会は,投票資格者名簿を作成し,規則第6条の公示の日から意向聴取の前日まで閲覧に供する。
2 投票資格者は,前項の投票資格者名簿に脱落又は誤記があると認められるときは,管理委員会に異議を申し出ることができる。
(学長候補者の推薦方法)
第6条 規則第7条第1項第1号に規定する学長候補者の推薦は,学長候補者推薦用紙(別記様式第3号)により,投票所において自ら投票する方法により行う。
2 前項の場合において,1人の職員が複数の学長候補者を推薦することはできない。
3 規則第7条第1項第2号の学長候補者の推薦は,学長候補者推薦書(別記様式第4号)により,管理委員会に提出するものとする。
(学長候補者の決定)
第7条 学長選考会議は,規則第8条の規定に基づき,別記様式第5号により学長候補者となることの承諾を得られた場合は,略歴,所信等の提出を求めるものとする。
(学長候補者の公示)
第8条 管理委員会は,規則第10条の規定に基づき,学長候補者の氏名を別記様式第6号により,学内に公示し,意向聴取を実施する場合には,別記様式第7号による公報を投票資格者に配付する。
(所信表明)
第9条 学長選考会議は,規則第11条の規定に基づき,最終候補者選考の参考とするため,学内において所信表明を実施する場合には,別記様式第8号により学長候補者に通知するとともに,別記様式第9号により学内に公示する。
2 所信表明は,学長選考会議に対して実施するものとする。ただし,学内の投票資格者も聴取することができる。
(意向聴取)
第10条 学長選考会議は,規則第12条の規定に基づき,最終候補者選考の参考とするため,学内において意向聴取を実施する場合には,別記様式第10号により,学内に公示する。
2 意向聴取は,投票資格者が,所定の投票所の受付において確認を受けたあと,別記様式第11号の投票用紙を受け取り,投票を行うものとする。
(期日前投票の期間)
第11条 規則第13条の期日前投票の期間は,意向聴取の投票日前直近3日間(休日を除く。)とする。
(投票の効力)
第12条 次の投票は無効とする。
(1) 白票
(2) 1人を超えて記載したもの
(3) 所定の用紙を用いないもの
(4) 特定の者を指示していると判断できないもの
2 氏名の一部を誤記したもの,又は氏・名のみを記載したものについては,特定の候補者を指示していることが明らかであると管理委員会が認めた場合は,有効と見なす。
(意向聴取結果の報告)
第13条 管理委員会は,規則第14条に基づき意向聴取の結果を学長選考会議に報告するときは別記様式第12号による結果報告書及び投票資格者名簿を添えて,行うものとする。
(最終候補者への通知及び公示)
第14条 学長選考会議は,規則第15条の規定により,最終候補者を決定したときは,ヒアリングの日の7日前までに別記様式第13号により当該最終候補者に通知するとともに,別記様式第14号により学内に公示する。
(学長予定者の公表)
第15条 学長選考会議は,規則第18条の規定により,学長予定者を決定したときは,別記様式第15号により公表する。
(庶務)
第16条 管理委員会の庶務は,総務部総務課において処理する。
(細則の解釈等)
第17条 この細則に疑義が生じた場合は,学長選考会議の決定するところによる。
2 この細則の改正は,学長選考会議の議を経て行う。
 
附 則
この細則は,国立大学法人福井大学学長選考規則(平成17年2月22日学長選考会議決定)の施行の日から施行する。
附 則(平成17年4月1日福大細則第8号)
この細則は,平成17年4月1日から施行する。
附 則(平成21年6月16日福大細則第15号)
この細則は,平成21年6月16日から施行する。
附 則(平成24年7月26日福大細則第10号)
この細則は,平成24年7月26日から施行する。
附 則(平成27年3月31日福大細則第12号)
この細則は,平成27年4月1日から施行する。