福井大学 規程集(公開用)

トップページに戻る
最上位 > 要項・申合せ   > 第1 全学 > 財務関係 
国立大学法人福井大学科学研究費助成事業経理事務取扱要項
平成17年4月1日
学 長 裁 定
(趣旨)
第1条 国立大学法人福井大学(以下「本学」という。)における科学研究費助成事業(科学研究費補助金)及び科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(以下「科研費」という。)の経理事務の取扱いについては,関係法令又は特別の定めのある場合を除くほか,この要項の定めるところによるものとする。
(経理事務の委任)
第2条 雇用契約,就業規則,勤務規則,個別契約等により所属する研究者等(以下「研究者」という。)に交付された科研費(直接経費)の経理事務については,財務部長に委任するものとする。
(経理事務の準拠)
第2条の2 科研費の経理事務の取扱いは,この要項に定めるもののほか,国立大学法人福井大学会計規則(平成16年福大規則第12号)及びその関係規則等の定めるところに準ずるものとする。
(出納保管)
第3条 財務部長は,科研費の適正な執行を確保するため,科研費(直接経費)の出納保管を経理課長に行わせるものとする。
(科研費の受入)
第4条 経理課長は,科研費(直接経費)の交付を受けたときは入金実績リストを作成し,大学の預金口座において管理するものとする。
(科研費の支出)
第5条 科研費に係る支払いは,債務計上一覧表等により行うものとする。
2 前項の債務計上一覧表には,請求書・納品書及び契約等の内容を明らかにした書類を添付しなければならない。
3 科研費による旅費・謝金については,本学が定める必要書類を添付するものとする。
4 科研費に係る支払いは,科研費受領前に本学資金を立て替えて支払うことができる。この場合,科研費受領後に精算しなければならない。
(取得設備等の寄附)
第6条 本学は研究者が直接経費により購入した設備,備品又は図書について,当該研究者からの寄附を受け入れるものとする。ただし、当該研究者が他の研究機関に所属することとなる場合には,その求めに応じて,これらを当該研究者に返還するものとする。
(預金利息)
第7条 預金利息は,預金残高に応じ各研究課題ごとに按分するものとする。
(間接経費の取扱)
第8条 本学は研究者が交付を受けた間接経費について,当該研究者からの譲渡を受け入れ,これに関する事務を行うとともに,当該研究者が他の研究機関に所属することとなる場合には,直接経費の残額の30%に相当する額の間接経費を当該研究者に返還するものとする。ただし,間接経費の譲渡を受け入れないこととしている研究機関を除く。
(帳簿)
第9条 経理課長は,研究課題毎に収支簿を備え,その収支を明らかにしておくものとする。
(類似の補助金)
第10条 類似の補助金についても,関係法令又は特別の定めのある場合を除くほか,この要項を準用するものとする。
 
附 則
この要項は,平成16年4月1日から施行する。
附 則
この要項は,平成17年4月1日から施行する。
附 則
この要項は,平成20年8月18日から施行し,改正後の規定は,平成20年4月1日から適用する。
附 則
この要項は,平成23年7月5日から施行し,改正後の規定は,平成23年4月28日から適用する。
附 則
この要項は,平成29年7月6日から施行し,改正後の規定は,平成29年4月1日から適用する。
附 則
この要項は,平成29年9月28日から施行する。