福井大学 規程集(公開用)

トップページに戻る
最上位 > 第2編 管理運営 > 第2章 役員等
国立大学法人福井大学学長解任審査規則
平成17年2月22日
学長選考会議決定
(趣旨)
第1条 国立大学法人福井大学(以下「本法人」という。)の学長の解任に関しては,国立大学法人福井大学学長選考会議規則(平成16年福大規則第16号。以下「学長選考会議規則」という。)に定めるもののほか,この規則の定めるところによる。
(解任の審査請求)
第2条 解任の審査は,学長選考会議議長に,学長選考会議規則第4条の各号のいずれかに該当するものとして,次の各号のいずれかにより審査請求があった場合に限り行うことができる。
(1) 学長選考会議の構成員の3分の1以上の者から,書面による解任の審査請求が提出されたとき。
(2) 教育研究評議会又は経営協議会それぞれの構成員の過半数の者から,書面による解任の審査請求が提出されたとき。
(3) 国立大学法人福井大学学長選考規則(平成17年2月22日学長選考会議決定)第12条に規定する投票資格者の3分の1以上の者から,書面による解任の審査請求が提出されたとき。
(解任の審査)
第3条 学長選考会議議長は,解任の審査請求があったときは,学長選考会議を招集し,審査を行い,解任の可否について決する。
2 学長選考会議は,解任の審査を行うにあたり,学長から請求があった場合には,弁明の機会を与えなければならない。
(調査小委員会)
第4条 学長選考会議は,解任の審査を行うに当たっては,第2条の規定に基づき提出された解任の審査請求に係る理由を調査するための調査小委員会を設置する。
2 調査小委員会の構成等については,学長選考会議が定めるものとする。
(通知等)
第5条 学長選考会議は,審査の結果を学長に通知するとともに,公表するものとする。
(議事)
第6条 学長選考会議は,委員の3分の2以上が出席しなければ,議事を開き,議決することができない。
2 解任の審査については,出席した委員の3分の2以上をもって決するものとする。
(規則の改廃)
第7条 この規則の改廃は,学長選考会議の議を経て行う。
(庶務)
第8条 解任の審査の庶務は,事務局総務部総務課において処理する。
(雑則)
第9条 この規則に定めるもののほか,解任の審査に関し必要な事項は,学長選考会議が別に定める。
 
附 則
この規則は,国立大学法人福井大学学長の任期に関する規則の施行の日から施行する。
附 則(平成17年4月1日福大規則第17号)
この規則は,平成17年4月1日から施行する。
附 則(平成21年6月16日福大規則第12号)
この規則は,平成21年6月16日から施行する。