福井大学 規程集(公開用)

トップページに戻る
最上位 > 要項・申合せ   > 第1 全学 > 監査関係 
国立大学法人福井大学監事監査実施基準
平成16年4月1日  監事裁定
直近改正 平成17年9月1日 
 
(趣旨)
第1 国立大学法人福井大学監事監査規程(平成28年福大規程第98号)第8条第2項の規定に基づき,監事の行う監査の実施に関して必要な基準等を定めるものとする。
(監査計画)
第2 監査計画に記載する事項は,次の各号に掲げるとおりとする。
(1) 監査の基本方針
(2) 監査の実施期間
(3) 監査の方法
(4) 監査の対象部門
(5) 監査の重点事項
(6) その他の事項
(監査事項)
第3 監査事項は,次の各号に掲げるとおりとする。
(1) 関係法令,業務方法書,規則等の整備状況及び実施状況
(2) 中期計画及び年度計画の実施状況
(3) 組織運営及び人事管理状況
(4) 決算(年次及び月次)の状況
(5) 予算の執行及び資金運用の状況
(6) 収入及び支出の状況
(7) 物品及び不動産の管理状況
(8) 契約の状況
(9) 旅費の支出状況
(10) 人件費の支給状況
(11) 前各号に掲げるもののほか必要な事項
(監査の実施通知)
第4 監事は,監査計画に基づき監査を実施するときは,あらかじめ監査対象部門の責任者に監査事項及び監査場所その他監査に必要な事項を通知する。
(監査の手順等)
第5 監査の手順は,おおむね次のとおりとする。
(1) 監査対象部門の長からの概況聴取
(2) 監査対象部門の担当者からの個別聴取
(3) 帳票その他証拠書類の原本確認
(4) 書類と現物との照合確認
(5) 現地の調査
(6) 監査終了後の講評
2 監査は,原則として,全ての事項を対象とするが,事項の性質によっては,合理的な方法で抽出して実施することができる。
3 監事は,必要があると認めるときは,監査対象部門に資料の作成を求めることができる。ただし,可能な限り,既存資料の活用を図るよう努める。
(監査記録)
第6 監査の事務を補助する職員は,監査終了後,監査結果の概要を記した監査記録を作成し,監事に提出する。