福井大学 規程集(公開用)

トップページに戻る
最上位 > 要項・申合せ   > 第1 全学 > 学務関係 
福井大学入学料免除選考要項
平成28年3月29日
学長裁定
(趣旨)
第1条 福井大学入学料,授業料及び寄宿料の免除等に関する規程(平成28年3月29日福大規程第42号。以下「規程」という。)に定めるもののほか,福井大学における入学料の免除及び徴収猶予の選考に関し,必要な事項を定めるものとする。
(大学院の研究科に入学する者) 
第2条 経済的理由による免除の対象となる者は,次の各号の一に該当するものとする。
(1) 次の家計及び学力のいずれにも該当する者
イ 家計は,別紙の総所得金額算定方法により算定された総所得金額(農業・工業・商業等にあっては,総収入金額から必要経費及び特別控除額を差し引いた金額を総所得金額とする。)が別表の収入基準額以下であること。
ロ 学力は,入学試験の合格をもって適格とみなす。
(2) 長期療養者や障害者がいる世帯等家計の支出が多額となる特別の事情がある者のうち,世帯の総所得金額が別表の収入基準額を超える割合が10%以内に該当する者
2 特別な事情による免除の対象となる者は、次の各号の一に該当するものとする。
(1) 入学前1年以内において,入学する者の学資を主として負担している者(以下「学資負担者」という。)が死亡し,又は入学する者若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けたことにより,入学料の納付が著しく困難であると認められる者
(2) 上記に準ずる場合であって,学長が相当と認める事由がある者
(学部に入学する者) 
第3条 免除の対象となる者は,次の各号の一に該当するものとする。
(1) 入学前1年以内において,入学する者の学資負担者が死亡し,又は入学する者若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けたことにより,入学料の納付が著しく困難であると認められる者
(2) 上記に準ずる場合であって,学長が相当と認める事由がある者
(免除の額) 
第4条 免除の額は,入学料の全額又は半額とする。
(徴収猶予) 
第5条 経済的理由により,納付期限までに入学料の納付が困難であり,かつ,学業優秀と認められる者の徴収猶予については,次の各号の一に該当するものとする。
(1) 家計については,第2条第1項(1)のイの規定を準用する。
(2) 学力については,入学試験の合格をもって適格とみなす。
(私費外国人留学生) 
第6条 入学料の免除及び徴収猶予の選考に当たっては,日本人学生と同等に取り扱うものとする。
2 国の事情により,申請に必要な書類のうち所得証明書が提出できない場合は,本人又は受入教員の申請書等をもって,これに代えることができるものとする。
(選考等) 
第7条 選考については,福井大学教務学生委員会(以下「委員会」という。)において行う。
2 選考の順位については,次の各号によるものとする。
(1) 選考の順位は,総所得額と別表の収入基準額との差を算出し,納付の困難な程度が高い者から順位を付して行う。
(2) 大学院研究科の学生において,経済的理由による者と特別な事情による者とが納付の困難な程度が同程度である場合は,特別な事情による者を上位とする。
(協議) 
第8条 選考においてこの要項によりがたい場合は,委員会において協議するものとする。
 
附 則 
1 この要項は,平成28年4月1日から施行する。
2 福井大学入学料免除選考要領(平成16年4月1日教務学生委員会承認)は,廃止する。